れいるのおと

旅、鉄道、飛行機、ひとり言。あれこれかじって語りたいだけのブログ。

ローカル線で活躍する105系

日付ネタ。今回は少数ながら活躍を続ける105系にフォーカスを当ててみたい。


101系や103系など、多くの国鉄で採用された電動車2両で1つとするMM'ユニット方式。この方式の短所は、地方ローカル線などの2両1編成の車両には向かないこと。2両とも電動車なのは明らかに過剰であり、それを解消すべく誕生したのが105系だ。

2両1編成で1M1T(電動車1両、付随車1両)、103系などと機器類を共通化することでコストを削減。地方ローカル線に投入されていった。
投入先は、奈良線和歌山線宇部線小野田線福塩線といった西日本エリアと、仙石線仙石線105系は後に訓練車としても活躍したことは良く知られていると思う。JR西日本エリアは岡山・山口地区にそれぞれが配置、活躍を続けている。

IMGP8509
写真は3ドアの105系105系は3ドア車と4ドア車が存在し、前者は新造車両、後者は103系からの改造転入車となっている。かつて和歌山線には常磐線や地下鉄千代田線で活躍した103系1000番台が種車の車両も在籍。残念ながら筆者は引退前にお目にかかることができずorz。


西日本地区はゆっくりだが置き換えが進行中。だが未だ地方ローカル線は103系105系、車両数の少ない123系までもが現役。鉄道遺産が走る路線が多くて楽しいけど、いつ運転終了となってもおかしくない様子。意識的に狙う頻度を上げていきたいところです。


今回はこの辺で。


最後までご覧いただきありがとうございます
クリックしていただけると励みになります


にほんブログ村 鉄道ブログへ


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム