れいるのおと

旅、鉄道、飛行機、ひとり言。あれこれかじって語りたいだけのブログ。

日高本線のヨンマル「道央 花の恵み」

JR北海道日高本線
置き換えが進むキハ40系が、現在でもメインで活躍している路線の1つである。

JR北海道のキハ40系はカラーバリエーションが豊富だ。様々な色、ラッピング編成が道内各地を走っている。
今回はキハ40形の「北海道の恵み」シリーズの1両、キハ40 1780を取り上げたい。

IMG_7107
キハ40形700番台の延命工事を受けた区分、1700番台。
2018-19年にはこの番台区分から観光列車を兼ねたシリーズが登場、2両の「山紫水明」シリーズと、4両の「北海道の恵み」シリーズの計6両が、各地で普通列車として投入されている。
このキハ40 1780「道央 花の恵み」は2018年に改造、所属先は苫小牧運転所だ。

苫小牧運転所のキハ40系は、日高本線室蘭本線(長万部-岩見沢)、函館本線の滝川や石勝線の新夕張までなどを担当。かなり広いエリアの運用を担っている。


IMG_7151
さて、話は変わって日高本線
被災した影響でかなり路線が短くなったこの路線、メインで活躍するのはキハ40系だ。先述の通り苫小牧運転所に所属する車両で運用されている。

苫小牧にいるヨンマルは6両、うち2両がラッピング車両で、その1つが「道央 花の恵み」だ。ポスターにもあるように、これらラッピング車は日高本線に積極的に当てられている。


IMG_7147
車内。
2両のラッピング車のうち、内装まで手が回っているのはこの花の恵みのみ。観光列車らしい内装になっている。


IMG_7148
基本構造は同じままに、シートがカラフルになり一部に木材を使用。椅子も全体的に焦茶色に塗られ、暖かみある雰囲気を醸し出している。


運用は、他の苫小牧車と同じ普通列車。車両の特性から、たまに臨時列車や団体列車に充てられている。
日高本線に行ってこの車両に会えるとは限らないけど、高確率でこの車両に出会える印象。ま、言ってしまえば人寄せパンダ的存在なので、基本的には運用に入っていると考えて良いだろう。


IMG_7108
ラッピング車同士の連結。左が「道央 花の恵み」で右が「カムイサウルス(むかわ竜)復興トレイン」。

単行でも走るし、2連運用ではラッピング車の同士で運用に入ることもしばしば。カラフルな連結が楽しい。


北海道は手付かずの自然をウリにしているところが多いけど、それって国内にはどこにでもあったりする。
とはいえ各路線の色や雰囲気、沿線の空気感などの違いはあり、日高本線の沿線風景は個人的には結構好き。ぜひ一度乗車してみることをオススメしたい。

日高本線はヨンマルの引退より、路線の廃止が早いのでは、というほどの存続危機にある。また乗りに行けたら良いなぁ...。



今回はこの辺で。


最後までご覧いただきありがとうございます
クリックしていただけると励みになります


にほんブログ村 鉄道ブログへ


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム