れいるのおと

旅、鉄道、飛行機、ひとり言。あれこれかじって語りたいだけのブログ。

新幹線アイスの車内販売終了 変わりゆく車内サービス

東海道新幹線での車内販売が終了するという話題。

FullSizeRender

全国で相次ぐ車内販売の終了。背景には駅のコンビニや売店が増えたことによる売り上げの低迷、人手不足などがあるとされている。
JR東海東海道新幹線では、2023年10月いっぱいで普通車・自由席の車内販売を終了となる。これで困るのが、「シンカンセンスゴイカタイアイス」こと「スジャータ アイスクリーム」が食べられなくなること。またひとつ、新幹線の名物が消えることになる。


FullSizeRender

スジャータ アイスクリーム」はもともと、新幹線限定の品だった。現在はオンラインストアでも販売されるようになったが、それでも入手できる経路は限られていると言える。列車に乗らないと出会えない、でもだから楽しめるそんな一品だ。

このアイスクリームは乳脂肪分が高く、とにかく硬い。ドライアイスでキンキンに冷えており、スプーンが刺さらない、でもそれが良いのだ。
行儀悪くもスプーンを突き刺して写真を撮るのがお決まり構図。ホットコーヒーで少しずつ溶かしながらゆっくり食べるのが楽しみという方も多いと思う。ワゴンが通りかかるのを待つのも楽しみだったのだけど、ワゴン終了はとても残念。



車内ワゴン終了後は、アイスクリームは駅の自動販売機で販売される。また、グリーン車の車内サービスでは提供が継続され、スマホで注文するシステムに変わる。人手不足の問題と、混雑時にワゴンが来ない問題の解決を目指しているとのこと。のぞみ・ひかり全列車で、16両すべての乗客に車内販売を行き届かせる、それを継続するというのはもう難しいのでしょう。



IMG_3227

車内ワゴンに変わるアイスクリームの自動販売機を見てきた。こちらは東京駅の先頭2号車付近にある自動販売機。
設置自体は昨年からすでに始まっており、ワゴン終了までに台数を増やしていくそう。コーヒー用の自販機も別途設置され始めている。


FullSizeRender

提供内容は車内販売と変わらない。ど冷えもん...は調べたところ、冷凍自販機のブランドシリーズの名称で、スジャータやアイスクリームとは全く関係なかった。
重要なのはアイスの冷え具合だけど、車内販売のアイスと比べるとどうしても柔らかい。アイスクリームとして問題はないが、名物だった「カチカチすぎて困る」が楽しめなくなった。残念。


2、3年前まで、JR各社の特急で車内販売が終了する中、東海道新幹線は継続して行う意向を示していた(割と前向きだった印象)のだけど...。
ここ最近の東海道新幹線は、車内チャイム変更、喫煙ルーム廃止、ビジネスシート導入などなど、改革が著しい。世の中の需要の構図がコロナ前と異なり、改良・改善に迫られているのだろうか。



今回はこの辺で。